What is CBD ?

最近よく耳にするようになった、“CBD・カンナビジオール”。
まだ知られていないことも多く、誤解されがちなCBDについてご紹介します。

What is CBD?CBDについて

CBDとは?

ヘンプ特有の「カンナビノイド」と呼ばれる栄養成分の1つで、野菜や果物、植物などに含まれるファイトケミカルの1種。日本で流通しているものは規制対象ではない麻の茎と種から抽出されています。
正式名称は、カンナビジオール。ヘンプに含まれる「カンナビノイド」と呼ばれる成分の1つ。日本で流通しているものは規制対象ではない麻の茎と種から抽出されています。美容や健康分野で活用が期待され、近年注目されています。

本当に安全なの?

大麻草から抽出される成分なので、法的な心配がありますが、国内に流通しているCBD製品に違法性はありません。
CBDには、精神作用がありません。CBDに関する様々な論文で動物と人に対して安全性が高いと評価を受けており、また、世界保健機関WHOでは2018年6月にCBDの安全性が評価され、国際薬物条約における麻薬に該当しないことを勧告しています。(日本カンナビノイド協会HPより) ただし、処方されたお薬とCBDを併用する場合は、必ず医師あるいは薬剤師に相談の上、ご使用ください。

効果・効能について

昨今の研究により、人間の体内には、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)といわれる身体調節機能が備わっていることが明らかになってきました。ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情抑制、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能を持ち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。 CBDは、これらの全身にあるECSに直接働きかけることで、本来のECSの働きを取り戻すことができるのです。(日本カンナビノイド協会HPより)
効果は人によってさまざまですが、CBDを摂取することによって、神経を落ち着かせリラックスできる、炎症・痛みが和らぐ、といった効果が期待できます。

CBDAYSで使われているCBDはどうやって作られるのですか?

ヘンプは土壌中の成分を根から吸い上げるため、汚染されていない、責任を持って栽培された原材料であることが重要となります。
私たちCBDAYSのCBDは、オレゴンの自社提携農場で栽培された原材料を使用、トレーサビリティを徹底しています。その原料をモンタナ(ultra pure)とミネソタ(water)にある全米屈指の技術と生産量を誇る提携工場で、日本仕様のより純度が高いCBDに加工し使用しています。そして、国外と国内で検査を行い、確実に安全といえる原材料をお届けしています。
さらに、CBDだけでなく、私たちは商品製造過程、CBD以外の原材料においても、体に優しく安全であることを最優先に商品づくりをしています。

PRODUCT TYPE製品タイプ

Oilオイルタイプ

効率よく吸収されやすい。
CBDAYS MOMENTを代表する
定番商品です。

Cosmeコスメ製品

ボディケア、ヘアケア。
毎日のケアにCBDを
取り入れていただけます。

Food食品・ドリンク

手軽に継続したい方へ。

Coming SOON

Q&Aよくある質問

妊娠中・授乳中に使用することはできますか?

健康な妊娠中・授乳中の方のCBD製品使用に関しまして、現状研究結果が出ておりません。お客様ご自身でご判断していただけますようお願いいたします。

子どもは使用することはできますか?

健康な未成年のCBD製品使用に関しまして、現状研究結果が出ておりません。CBDは安全で、健康に効果的だと言われておりますが、研究結果が出ていないため、お客様ご自身でご判断していただけますようお願いいたします。

違法性はないのですか?

CBDに違法性はありません。
精神作用がなく、安心してお使いいただけます。CBDに関する様々な論文で動物と人に対して安全性が高いと評価を受けており、また、世界保健機関WHOでは2018年6月にCBDの安全性が評価され、国際薬物条約における麻薬に該当しないことを勧告しています。(日本カンナビノイド協会HPより)

CBDAYS MOMENTのCBD原料は?どの部分を使用していますか?

CBDの原料は、フルスペクトラム・ブロードスペクトラム・CBDアイソレートの3種類に分類されます。CBDAYS MOMENTのCBD原料は、アイソレートになります。

・フルスペクトラムとは、麻に含まれる化合物(カンナビノイド)が全て含まれ、THCも含有するCBD(日本では大麻取締法の規制対象)。
・ブロードスペクトラムとは、フルスペクトラムのCBDからTHCのみを除外した抽出物。
・CBDアイソレートとは、ブロードスペクトラムからCBDのみを抽出したもので、より純度の高いCBD(クリスタル)が精製されます。またCBDアイソレートは粉末状で無味無臭の為、様々な商品に展開できるという利点があります。

また、CBDAYS MOMENTでは成熟した茎のみからCBDを抽出しています。

ドロップオイルの摂取量はどのくらいが適量ですか?また、どのくらいで消費しますか?

CBDの効果・効能においては個人差があり、一概にどのくらいの摂取量が効果的かは断言できません。明確な研究結果がなく、各専門家からの意見も様々なのが現状です。

一般的には成人で25mg程度摂取すれば効果実感を得られると言われており、ひとつの目安としております。CBD製品を使用する上では、自分にあった適量を見つけることが大切になってきます。少量から試して頂き、効果が現れなければ徐々に摂取量を増やして、効果を実感できればその時のCBD量が自分の適量ということになります。

ドロップオイルのスポイト1滴あたりの量は0.02g~0.04g程度となり、ドロップオイル1本9gには450~225滴が入っている計算となります。毎日ご使用いただくと、使用期間は15~30日程度になると思います。

ドロップオイルの保管について開封後は冷蔵庫とのことですが使用期限はありますか?

はい、ドロップオイルには使用期限がございます。
使用期限は製造日から2年となっております。商品箱の底部分に明記しております。
また開封後は酸化の恐れがありますので、なるべく冷蔵庫にて保存していただくと安心です。

CBDの摂取方法にはどのようなタイプがありますか?

下記はあくまでも一般的に言われていることですが、記載させていただきます。
尚、効果・効能を断言するものではございませんので、予めご了承ください。

●経口
サプリメントやドリンクはこの経口摂取にあたります。
CBDを含んだものを経口摂取すると、まずは胃へと運ばれていき、胃酸による消化・分解が行われます。その後肝臓へと送られて分解が行われた後に、小腸や大腸で本格的な栄養素の吸収が行われるという流れを辿っていきます。摂取する製品や一人一人の消化器官の働きなどにもよりますが、吸収率は低く6~15%程度だと考えられています。効果が発現するまでの時間も、最低30分〜1時間はかかるとされています。ですが食品と同様にじっくりと時間をかけて栄養素が吸収されていきますので、効果の持続時間は長くなる傾向にあり、6時間〜8時間は体内に留まってじっくりと吸収・作用していくことになるります。

●舌下
ドロップオイルは舌下吸収をおすすめしております。舌の下や口腔内の粘膜からCBDを吸収させる方法です。口の中に入れるという点では、経口摂取と同じですが、舌下投与ではすぐに飲みこまずに舌の下や口の中に留まらせておきます。これにより、胃や肝臓を通らずにCBDの成分を血中に送りこむことができますので吸収率が高くなります。

●局所
身体の一部分の症状を緩和させるために、軟膏・スプレー・オイルといった形状のCBD成分を直接皮膚につけることで効果を得るという摂取方法です。ロールオンオイル・ボディバームはこちらの摂取方法にあたります。皮膚に付着したCBD成分は、皮膚上にあるカンナビノイド受容体と直接融合して局所的に吸収が行われます。吸収されたCBDは血中に取り込まれて全身を循環することはく、結合した受容体の範囲だけで効果を発揮します。局所的に素早く効き目が現れ、使い方も簡単であることから皮膚炎や痛み止めに多く用いられる方法です。

●経皮
ジェルやパッチ状の製品であり、CBDは真皮を通過して血中に送りこまれます。少量のカンナビノイドが4時間〜12時間をかけてゆっくりと着実に吸収されていくという特徴があります。パッチを剥がせば30分以内に効果が消えることから、用量の調節が容易であるというメリットがあります。手首や足首の内側といった静脈のある部分に使うことで、高いアベイラビリティ(吸収率)を実現することが可能となります。

CBDAYS MOMENTでは、使用するシーンに合わせて商品を選んで頂けるよう
様々なタイプの商品を販売してまいります。

ドロップオイルを飲まない方が良い体質はありますか?

効果・効能に関しましては個人差があるため、一概に飲まない方が良い人(体質)を断言することはできません。妊娠中・授乳中の方のCBD製品使用についても、現時点では研究結果がないのが現状です。
CBDの効果・効能に関しましては、現時点で断言することが難しい為、お客様ご自身のご判断での使用をお願いいたします。

飲み薬との併用についてはどうでしょうか?

処方されたお薬とCBDを併用する場合は、必ず医師あるいは薬剤師に相談の上、ご使用ください。